FC2ブログ

古墳どうでしょう

主に岡山県の古墳めぐりを載せています。

大佐山古墳群

広島県福山市新市町に、標高188mの大佐山があります。この山頂から南に延びる尾根上に、7基からなる古墳群が存在します。大佐山古墳群といい、高所にあることから芦田川流域の新市町、駅家町、府中市などを見渡せる素晴らしい立地です。一番高所に存在するのが、大佐山白塚古墳で、大佐山1号墳とも呼ばれています。この古墳は大きい切り石を用いた横穴式石室を持ち、その石室構造から7世紀中頃築造された終末期古墳と考えられてい...

一本松古墳

広島シリーズからちょっと地元岡山へこれから梅雨に突入するかと思いますので、快晴の古墳の写真をどうぞ。岡山市北区法界院の、半田山植物園内に古墳があります。一本松古墳(いっぽんまつこふん)という前方後円墳で、植物園のある丘陵の頂上付近に所在します。半田山植物園の営業時間は、9:00~16:30(入園は16時まで)植物園内なので、入園料が必要です 大人310円なり。お車の方は、さらに駐車場代が必要です。普通車  3時...

猪の子古墳

広島県 福山市加茂町下加茂 江木神社境内に残存する猪の子古墳(いのここふん)猪の子古墳群の1号墳で、(代表して?)猪の子古墳と呼ばれている、横口式石槨を持つ終末期古墳です。近隣には尾市一号古墳や曽根田白塚などにも横口式石槨があり、畿内に並ぶ横口式石槨の集中地です。この時代に畿内との何らかの交流や影響があったのでしょう。特に猪の子古墳の横口式石槨は、畿内の古墳にほぼ同型式の石槨が存在することから、畿内...

粟塚古墳の丘

広島県福山市駅家町福山北産業団地内に粟塚古墳の丘(あわづかこふんのおか)という古墳公園があります。もともとここにあった粟塚古墳群の他に、狼塚2号墳と正福寺裏山1号墳を産業団地を造るときに移築保存。この3つの古墳群を合わせて、粟塚古墳の丘を形成しています。グーグルマップで検索すればヒットする、わかりやすい古墳群たちです。結構広い公園ですが、産業団地内のせいか駐車場はなし 公園の入り口付近に短時間なら停...

二子塚古墳

広島県福山市駅家町に、前方部と後円部の両方に横穴式石室を持つ、全長68mの前方後円墳があります。二子塚古墳といい、以前に訪問した時は、墳丘南側の保存整備事業のため石室の見学ができませんでした。今回墳丘の修復が終わり、見学会が開かれるとのことでしたので再訪してきました。前方部の横穴式石室は、上部がかなり破壊されていますが、全長12.6m後円部の横穴式石室は両袖式で、全長14.9m 竜山石製の組合式石棺があります...

西願寺山墳墓群

昨年のこと、広島市安佐北区口田に所在する、西願寺山墳墓群に行ってきました。さいがんじやまふんぼぐんと読みます。太田川下流左岸の丘陵上に築かれていて、今でも眼下に太田川付近を一望する眺めの良い立地です。西願寺山墳墓群(さいがんじやまふんぼぐん) 竪穴式石室内が6基、箱式石棺が1基、土壙が14基保存されています。この石碑の後ろの方形の盛り上がりの上にも墳墓が残っています。方形の部分と、この写真の奥側のフェ...

尾市一号古墳

広島県福山市新市町常に所在する尾市一号古墳(おいちいちごうこふん)横穴式石槨を持つ古墳時代終末期の7世紀後半に築造された古墳です。この古墳の最大の特徴は、羨道と3方向に広がる石槨があり、平明図を上から見ると十字型になっているということです。おそらく全国で唯一の形状です。どんな古墳なのかいつかは行ってみたいと思っていました。季節は真冬!小雪の舞う中の訪問となりました。古墳はこの案内板の分かれ道を右方...

大坊古墳

広島県福山市神辺町西中条、神辺平野の北縁の丘陵東斜面に立地する大坊古墳。少し前に近くまで行きましたので、寄ってみることにしました。大坊古墳は、直径14m・高さ約5m、周溝を備える円墳もしくは15m×12mの長方墳で、南東方向に開口する横穴式石室を持ちます。石室の全長は約11m、幅と高さは2m程度。花崗岩の巨大な切石を用いた美しい石室で、古墳時代終末期の築造と推測されています。大坊古墳(だいぼうこふん) 立派な説...

赤面山古墳

大阪府藤井寺市小室西名阪自動車道の高架下に古墳があります。高速道路の下に古墳が残されているなんて!おそらく日本でも唯一なのではないでしょうか?古市古墳群に所属するこの古墳は、昭和31年に国史跡の指定を受けています。そのために高速道路が建設されるとき、そのまま高架下に保存となったのでしょう。なんという保存の仕方!大胆です。赤面山古墳(せきめんやまこふん)5世紀前葉に築造された一辺が22メートルの方墳で...

戸瀬池古墳と庵の前古墳

岡山県和気町矢田部に、石室開口部が池の中という!とってもレアな古墳があります池の名前は戸瀬池 その中にあるので戸瀬池古墳とどストレートなネーミングです。今は見ることができませんが、石室内部は石の加工の美しい端正な造りです 数年前に一度上の池の工事の関係で水が抜け、全国からコフニストさんがやってきました。私もお邪魔しました。以前の記事へ当時はミラーレス一眼もなく、解像度の低いスマホのカメラで撮ったの...

愛宕山古墳

兵庫県三木市別所町に、県下10番目の大きさの前方後円墳があります。近くを通る機会があったので、ちょっと寄り道してみました。墳丘全長91メートル前方部の長さ38メートル 幅40メートル 高さ5メートル後円部径55メートル、高さ9メートル程度。小高い丘の上にあるので、この数字より高く思えます 今は木でぐるっと囲まれていますが、昔は遠くからも墳丘を眺めることができたのでしょう。加古川流域の大型古墳とともに...

福甸古墳群

兵庫県小野市福甸町(ふくでんちょう)観光名所の鴨池から県道118号線を西に500メートル程度走ったあたりに、古墳群の石標がありました。福甸古墳群と書いてあり、説明によると6世紀中ごろから7世紀にかけて力を持っていた有力者の墓として築かれた古墳群で、横穴式石室をもつ6基の古墳が知られており、石棺をもつものもあるとのこと!!!石棺が現地に残ってるといいなあ!と思いつつ!この石標のあるところに車を停車し、あぜ道...

状覚山古墳群

兵庫県加西市網引町、前回の奥新田西古墳から県道79号線を北に1キロちょい走ると、県道沿いにこんもりとした墳丘が見えてきます。グーグルマップのストリートビューでも開口部が確認できる横穴式石室を持つ古墳群があります。道沿いに2基確認ができますが、1基はかなり状態が悪く、石室内部に草が生い茂り入室は困難かも。状覚山2号墳(じょうかくさんにごうふん)です こんもりとした墳丘 向こうに見える道が県道79号線で...

奥新田西古墳

兵庫県加古川市平荘町中山県道79号線から権現総合公園に向かう道沿い、山陽自動車道サービスエリアの駐車場建設工事に伴い平成9年に発掘調査された古墳があります。近くで古墳を検索するとでできたのでとりあえず訪問してみました。奥新田西古墳(おくしんでんにしこふん)といい、標高約56メートルの独立小丘陵の頂部に築かれた円墳です。見上げる開口部!カッケーです!!後世の土取りのために墳丘はかなり小さくなっている模...

有年原・田中遺跡

兵庫県の南西端に位置する赤穂市赤穂市南部は三角州や塩田開発の干拓により中世以降に平地化されたので、それ以前の遺跡分布の中心は市域の北部です。その中でも有年地区は千種川流域で最大級の平地面積を持つ盆地で、千種川による南北の河川交通と東西の陸路交通が交差する地域でありました、そのため縄文時代前期から近世にいたるまでの様々な文化財が集中しています。今回訪問したのは有年原・田中遺跡です。有年原・田中遺跡は...

尾崎大塚古墳

兵庫県赤穂市尾崎向山の南西斜面の瀬戸内海を望む高台に、両袖式の横穴式石室を持つ径18メートル程度の円墳があります。尾崎大塚古墳(おざきおおつかこふん)周りが開けているのでかなり目立ちます。古墳への道はわかりやすく、藪漕ぎもありません。麗しの開口部がお出迎えしてくれます。立派な説明版所有者は赤穂市さんだそうです。そして!近隣のみかんのへた山古墳の記述が!みかんのへた山古墳ってすごい名前ですよね 一度有...